ミラノまとめ|2015春

Posted on Posted in イタリア, ミラノ

ミラノ2015最終回。紹介しきれていなかった場所と旅のまとめです。

–>ミラノ最後の夕食に、ナヴィリオ地区/ Naviglioへ。

トラムとメトロを乗り継いで、ポルタ・ジェノヴァPorta Genova駅で降ります。

そうそう、市内の移動はほとんどメトロとトラムを使いました。
ミラノ市内の場合、片道1.5ユーロ(90分以内)駅一日券(4.5ユーロ)はお得です。
バスも乗れます。
1日券は駅やホテル以外に「Tabacchi」というタバコが買えるスタンドカフェでも買えます。
トラムやバスの時はこちらが便利です。
2015081102

 

てくてく歩いて、ナヴィリオに到着

2015081101

内陸にあるミラノは、かつて、たくさんの人工の運河を造り、生活物資の運搬をしていたそうです。その都市計画に関わったのもレオナルド・ダ・ヴィンチです。

陸交通の発達で、都市部を中心に運河を次々に埋め立て、今ではこのナヴィリオ地区だけが当時の面影を残す場所となっているそうです。

そういえば、友人の結婚式に郊外へとミラノを南下したのですが、車窓からいまは使われていない感じの運河がずっと続いているのが印象的でした。

ナヴィリオは夜景のほうが好きです。運河沿いのお店の灯り、食事や会話を楽しむ人々の声が、寂しさを消してくれる気がします。

運河沿いのbarで一杯。
もっと暖かければ、外で飲めたかな。今頃はきっとオープンエアで心地よさそう。

 

あっというまのミラノ時間、

–> 今回の滞在スケジュールはこんな感じ

IN:18:00, Friday OUT: 10:00, Tuesday

Stay time: 4 nights Free time: 2 days

1st only dinner… Apelitibo

2nd My friend’s wedding ceremony and party at out of city

3rd City sightseeing Brera, Center of Milano

4th Lake Como, out of city/ sightseeing

5th move to Bologna

お宿は、

マリオットミランに泊まりました。

Milano Expo 2015 直前の旅程だったので、滞在型アパートメントは、だいぶ混んでいました。

私は、日本から入った初日は、やはり大きなバスタブで移動の疲れをゆっくり取りたいので、たいていホテルに泊まります。

ホテルは、Wegner駅が最寄駅です。大聖堂から地下鉄で10分ほどですが、思いっきり住宅街なので落ち着いた雰囲気がよかったです。

ホテルのある通りから一本入った通りでは、市場が立ち、ホテルの目の前に(私の大好きな)大きなスーパーマーケットがあります。 毎日に通い、部屋でワインとチーズや生ハムを楽しみました。 地元の暮らしを少し垣間見て。

野菜や果物は素手で触らないよう、ビニールのグローブが置いてありました。

パスタ売り場、やっぱり大きいです。

1レーンすべて青一色。そう、バリラの青いパッケージです。

2015081106

 

パスタといえば、食事、さて、食レポ修業中の私ですが・・・

–> 食事について3つのおすすめポイント

「アペリティーボ」(aperitivo)を楽しもう
1日目は、バーに入りました。ミラノならではの文化らしいのですが、夕刻からの数時間、一杯のお酒を頼むとブッフェ形式の軽食が食べられるアペリティーボ。
日本のハッピーアワーが近いかもしれません。
サラダからペンネまで種類も豊富で、それだけで食事を済ますスレンダーなミラネーゼが多いらしい。

ちなみに私はこちらのお店に行きました。老若男女、わいわい楽しんでいました。
2015081103
via +39zerodue Ristorante Bistrot Milano 

 

ローカルおすすめのピッツェリア

友人の弟君の彼女が教えてくれた、ピザがおすすめでローカルが通うという
Ristorante piccola Napoli

ピザはナポリスタイルが一番おいしい。生地は厚めで味があると言っていました。

ここの、ピッツアは大きいですよ。でも生地が軽いので結構食べられちゃいます。
男性はみな一人でたいらげていました。シーフードのフリットもおいしかったです。
ホテルから駅に向かう途中にあるので、毎日のように見ていましたが、いつも賑わっていました。
2015081109

 

やっぱりエスプレッソがおいしい
北イタリアでエスプレッソ以外のコーヒーは、ぬるいと思いました。

あるお店で、「アメリカン」を頼んだら、なんとエスプレッソにお湯を足しているのを目撃しました。
カフェラテもぬるかった。ミルクは温めていない模様。

胃がついて行くなら、この地ではやっぱりエスプレッソが一番おいしいです。

2015081107

 

 

–> ミラノ中央駅から、いざボローニャへ

ボローニャへはミラノ中央駅/Milano Centraleから出発しました。
ミラノはガリバルディという新駅ポルタ・ガリバルディ駅/Stazione Porta Garibaldiが出来たり、再開発にともない交通も変わりつつあります。

でも、中央駅のこの空間、絶対に変わらず遺して欲しい。
2015081104

ミラノ中央駅は、1912年、ローマの建築家ウリッセ・スタッキーニ/Ulisse Stacchiniの設計で造られました。幅200m、高さ72mの大空間は、今もなおイタリアで最大級だそうです。

床と壁合わせて、延11000㎡の大理石は、当時と変わらず復元されています。

この駅はスリが多いと聞きます。見とれてしまいますが、写真を撮るときは気をつけなくては。

 

今回の旅は、飛行機や列車で須賀敦子さんのこの本を読みながら
来ましたので、訪れてみたいところがまだまだあります。

2015081108
via amazon

舞台となった本屋さんの跡、いまも本屋さんとして使われているとか。
行きたかったな。再訪を楽しみに。

イタリアレポート、次はボローニャーです。

–> 散策スポットのまとめ

Naviglio
 Porta Genova 駅から徒歩5分
 夏を除く毎月最終日曜日は蚤の市も開かれているそう。
 http://www.navigliogrande.mi.it/
+39zerodue Ristorante Bistrot Milano
 18:00-21:00がアペリティーボです。
 Via Michelangelo Buonarroti, 3
 http://www.39zerodue.it/
Ristorante piccola Napoli
 吹き抜けの2階席、落ち着いていてよかったです。
 Via washington52
 http://www.lapiccolanapoli.it/index.php
ミラノ中央駅/Milano Centrale
 http://www.milanocentrale.it/

最後まで読んでくれて嬉しいです。
ブログランキングに参加しています。
スーツケースをクリックしてくださると、励みになります。
blogmura
* 旅ブログランキング*