パンプキンシードオイル | グラーツ

昨年、友人に会いに訪れたオーストリア・グラーツで出会って以来、
すっかりハマっています。
今年は友達や家族へのおみやげとして、大人買いしました。

かぼちゃの種から搾油された深い色。      15100106
見た目同様に、濃厚で奥深〜い味。ナッツを思わせるコクがあります。
グラーツがあるシュタイアーマルク州/Steiermarkの特産品で、
街のレストランでは、いろんなメニューに登場します。

 

え、かぼちゃ on かぼちゃ?

初めて食したのは、グラーツの役所脇にあるちいさなレストランのランチで。
かぼちゃのポタージュに、かぼちゃのオイルがトッピングされてでてきました。
15100101
これが、やさしいスープに、ぐっとコクが出ておいしい!

他にも、グリーンサラダ、グリルチキン、なんとスイーツにもかけます。
たとえばバニラアイスにチョコレートソースのようにたら〜り。
15100102

 

おいしいだけでなく、体に良い!!!

このオイルの原料である「ペポカボチャ」は外側の白木色のシェルがなく、
緑色の種のコアがむき出しのカボチャです。
15100103
ref-> oelmanufaktur-rilli 
100年近く前に突然変異で出来たそうです。
このカボチャの栽培は、土壌が深く関係していて、どこでも作れるわけじゃないようです。
オーストリア、ハンガリー、スロバキアなどの一部の地域でよく生産されているそうです。

リノール酸やリノレン酸などの不飽和脂肪酸が、泌尿器系の神経や筋肉の働きを正したり、骨粗しょう症に効果があると言われているそうです。
効能が認められ、1979年から、ドイツでは薬品として認可されているそうです。

最近の研究で、美容効果も

女性ホルモンの働きを正常にする成分「リグナン」の含有に注目され、
抜け毛予防やダイエット効果が期待されているそうです。

そんなに効果があることを意識せず、この一年、パンプキンシードオイルを摂ってきましたが、
肌の乾燥が気にならなくなったかも。風邪すら引かず、元気かも。

私は、とにかく、おいしい!という理由で、すっかりハマっています。

 

私の一番好きな食べ方

ルッコラ、レッド水菜やクレソンなど、少し香味の強い葉のサラダに、
ブルーチーズやフェタチーズなどのフレッシュチーズを
キューブカットしてトッピングし、パンプキンシードオイルをたらーりとひと回し。
最後に塩、こしょう、バルサミコ酢で味をプラスして食べるのがお気に入りです。
チーズがない時は豆腐を代用します。
だんなさんが会合で夕食がいらない時は、山盛りのこのサラダを作り、
赤ワインで、映画鑑賞というのが楽しみだったりします。
これは、モッツアレラチーズを割いてトッピングした時の写真です。
15100105

ドイツ語では、 Kürbiskernöl(クービスケルンエール)と言います。
私の今のところのお気に入りブランドはオーストリアのkiendlerです。

15100107
高品質で15年連続農商務省の賞をもらっているそうです。

日本では、

近所のスーパーマーケットで手軽にとは行きませんが、
かぼちゃの種油やパンプキンシードオイルで探すと、
ネットショップで買えるみたいですね。
同じオーストリア産のブランドを見つけました。

15100108

スタイリッシュなデザイン。
via amazon

北海道でも作られています。
15100109
via amazon

いままで、捨ててしまっていたかぼちゃの種。
15100104
これから、使い方を模索していこうと思います。

 


今日もありがとうございました。
ライちゃんを押していただけると更新の励みになります。
lifestylelanking
|ライフスタイルブログランキング|

Bio季節捨てる前に文化

tora • 2015-09-30


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *