梅雨明け |風物詩

いよいよ夏本番、梅雨明け宣言されると、食べたくなるものがあります。

それは、タイ料理とインド料理です。
前にもお話しましたが、バジル収穫の度にガッパオを作り食べていたので、

今年はインド料理にしました!

メニューは
タンドリーチキン、夏野菜カレー、ナン です。
2015072101

梅雨明け予想の7月20日に合わせて、3日前からタンドリーチキンを仕込みましたが、
カレーとナンは、チキンを焼いているたった50分の間に出来ちゃいます。
しかも、ナンはタネを休ませ、カレーは煮込む時間があるので、実際の作業は意外と楽なんです。

|タンドリーチキン|

prep time 漬けこみ8時間以上 Cuisson 50分
  1. 1/3くらい食べ終わったヨーグルトの450gのカップに、スパイスとにんにく、しょうがのすりおろしを入れて、混ぜておく。
  2. 叩いて、切込みを入れた鶏肉を1に投入。ポリ袋でカップを覆い冷蔵庫へ。
  3. 昨日は、220℃にオーブンを予熱、天板にオーブンシート、金網を敷き、余分な漬けタレを除いた鶏肉を乗せて片面20分、計40分焼くだけでした。

タンドリーチキンをオーブンに入れてから、ナンにとりかかります。

|ナン|

prep time 30分(タネを休ませる) Cuisson 20分
  1. ナンの材料のうち粉類をフードプロセッサーで混ぜ、次に液体類を入れてコネます。オリーブオイルを塗ったボールに、丸めたタネを入れ、ラップをかけて30分休ませます。
  2. タンドリーチキンが出来上がる、10分前に、魚焼きグリルにアルミホイルを敷き、オリーブオイルを薄く塗っておきます。
  3. 手に粉をつけてナン1枚分のタネをのばし、アルミホイルの上に置き、焼くだけです。数分で焦げ目がつくので、焼きすぎに注意です。(1枚焦がした私–)
    でもフライパンで焼くよりも、おいしい気がします。
    2015072102

チキンはオーブン、ナンは休ませている間に、カレーを作ります

 

|夏野菜カレー|

prep time なし Cuisson 25分

 

  1. にんじん、玉ねぎ、しょうが、にんにくをフードプロセッサーでみじん切りし、
    赤唐辛子と油であたためた無水鍋で炒めます。
  2. きのこ、ピーマン、ズッキーニ―は2cmくらいの大きさにカットし、ピーマン以外を投入して炒め合わせます。
  3. しんなりしてきたら、トマトソース(トマト水煮缶でも良い)、こんぶ水(水でも良い)を具が隠れる程度に入れて、ローリエの葉を入れて10分煮込みます。
  4. ピーマン、カレー粉を入れて味見します。
    ソース、しょうゆ、カイエンヌペッパー、カルダモン、クミンなどお好みのスパイスで味を調整して出来上がり。

今回は、

  • 肉系がないので、こくを出すために、チェダーチーズを刻んで、仕上げに入れました。
  • お肉のうまみがないと物足りない場合は、時短で味が出るのでベーコンやソーセージがおすすめです。
  • 今回、カレー粉は、S&Bの赤缶を使用しました。
    これだけでもスパイスが入っているので、マイルドなカレーを作れます。

 

blank

材料

2人分

タンドリーチキン

  • 鶏肉 (むね、もも好みで)300g
  • ヨーグルト 150g程度
  • にんにく、しょうが 各小さじ1/2
  • カレー粉  小さじ2
  • スパイス 適量

夏野菜カレー
<具材>お好みの夏野菜やおうちにある野菜で

  • ズッキーニ 1/2本
  • にんじん1/2
  • きのこ ひとつかみ
  • チーズ 30g
  • ピーマン1個
  • たまねぎ1/2個
  • にんにく 1片
  • しょうが 少々
  • とうがらし1/2本

<ルウ>

  • カレー粉 大さじ2
  • トマトソース(水煮缶) 大さじ5 ※私は作り置き冷凍保存していたものを使用しました
  • こんぶ水 1cup ※トマト水煮缶なら大さじ2程度に抑えてもよいです ※とりがらスープでもOK
  • (入れるなら)ソーセージ、ベーコン 30g
  • ソース、しょうゆ 適量
  • スパイス (カイエンヌペッパー、クミン、カルダモン、コリアンダーなど) 適量

ナン

魚焼きグリルサイズ4枚分

  • 中力粉150g ※強力粉100g、薄力粉50gでも良い
  • ヨーグルト125g
  • ベーキングパウダー小さじ1
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 砂糖小さじ1
  • 塩小さじ1/2

ポイント

  • タンドリーチキンは、塩レモンのスライスと一緒に食べるとおいしいです
  • カレーの具材は小さめにして、煮込み時間を時短です。
  • ナンはよく伸ばして焼く(持ち上げると、自重である程度伸びていきます)
  • グリルの上火は弱くする(焦げ防止!!!)

 

季節を楽しむ

梅雨明け、夏到来の季節、おうちイベントは、夏野菜で元気になる料理を作るのが楽しいです。

食事のBGMは、軽快なレゲエ音楽。
お気に入りは、「Barefoot in Negril」/Inner Circle
2015072104
暑い時は、暑い国の食べ物と音楽にパワーをもらいます。

 


今日もありがとうございました
ライちゃんを押していただけると更新の励みになります。
lifestylelanking
|ライフスタイルブログランキング|

てづくりレシピ季節

tora • 2015-07-21


Previous Post

Next Post

コメントを残す

Your email address will not be published / Required fields are marked *